FAA回転翼事業用ライセンス取得について

 
自業用パイロットの業務範囲
プロのパイロットとして報酬を受けて業務に従事することが出来る。
 
受験資格
18歳以上であること。
FAA回転翼自家用ライセンスを所持していること。
3rdクラス以上のFAA航空身体検査証明を所持していること。
FAA事業用筆記試験に合格すること。合格した日から24ヶ月間有効。FAAの固定翼をお持ちの方は免除。
下記の飛行経験を満たしていること。

上記の要件を満たしFAA試験官で口答試験と実技試験を合格すれば事業用パイロットです。

 
飛行経験
総飛行経験が150時間以上であること。固定翼ライセンスをお持ちの方はそれらの飛行時間も含む。150時間には下記の飛行経験を含むこと。
ヘリコプターで最低50時間の飛行経験を含む。
最低100時間の機長時間を経験し、それらには以下の項目を含む。
 ・ヘリコプターで最低35時間の機長経験
 ・ヘリコプターで最低10時間の野外飛行経験

最低20時間の同乗教育を経験し、それらには以下の項目を含む。
 ・最低10時間の計器飛行訓練
 ・昼間においてヘリコプターで最低2時間の野外飛行訓練を経験
 ・夜間においてヘリコプターで最低2時間の野外飛行訓練を経験

ヘリコプターで最低10時間の単独飛行を経験し、それらには以下の項目を含む。
 ・3回以上の生地着陸を含む野外飛行を経験
 ・夜間において10回以上の離着陸を含む夜間単独飛行を経験

 
FAA固定翼パイロットライセンスに回転翼を追加する場合
追加の場合、FAA筆記テストは免除です。
有効なFAA航空身体検査証明は回転翼にも使用できます。
ヘリコプターで最低20時間の同乗飛行訓練と最低10時間の単独飛行経験が必要です。
 
訓練費用
         
R22 Helicopter
50時間の機長飛行  $295/hr $14,750.00
40時間の同乗訓練  $295/hr $11,800.00
25時間の学科訓練 $75/hr $1,875.00
教材 (Test prep) $16.18
FAA実技試験料 $600.00

FAA筆記試験料

$150.00
合計
$29,191.18